年賀状その後。

インクがなくてただの四角い物体と化してしまったプリンターを横目に、今日僕はせっせと年賀状の宛名を書きました。裏面は、もうすでにネズミ的なものがプリントされてるやつをロフトで買ってきたので、なにも心配することはありません。
以前は宛名書きなんて苦痛以外の何ものでもなかったんですけれど、万年筆で書くと超楽しくてビックリしました。自分の字の汚さも華麗にスルーできます。それぐらい楽しいです。やっぱり万年筆っていいですね。筆記具としては機能的に欠点だらけかも知れないけれど書き味は独特のものがあって素敵だなぁと思います。もっとないのか、宛名。
しかしゴール裏の仲間に年賀状出せないのは残念だなぁと思います。「今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。」って心底思う人たちなのになぁ。じゃあ名前と住所を聞けばいいじゃないかって感じだけど、それはまた違うんです(笑)。
そう考えると、ホントに特殊な繋がりだよなぁと思う。そういう仲間がいて僕は幸せです。