バーゲンと服装について。

バーゲンというものにはもう何年も行ってない。というか、行ったことがあるのは高校生の頃の数回だけ。
あれってエネルギー使うよねー。人は多いわ金銭感覚狂うわセール品なので選択肢少ない中で選ばなきゃいけないわで。だからもうバーゲンには行きません。宣言です。俺宣言2008です。別に今年から始めるわけじゃないんだけど。
しかもお店とかが暑いのが辛い。とりあえず百貨店とか地下街とか、ああいう密閉されてて人のたくさん集まる場所は暖房止めればいいと思うよ。むしろ冷房ヨロシク。暑すぎです。
でもバーゲンって男子よりもお店の数も多いので女子の皆さんが楽しんでる感じがします。そのへんどうなんだろうか。まぁ女の人は男みたいに何年も同じ服ってわけにはいかないから、どうしてもそうなっちゃうのかな。男だったら持ってるアウターの半分以上が10年選手ってのもあるけれど、女の人はそうもいかないもんねぇ。女子は大変だなぁ。
んで、このお正月、買い物をしてて気付いたんだけれど、実は僕が買う服(というか服を買うために見て回るお店)の傾向が所謂“アメカジ”であることが発覚しました。これには自分でも驚いた。だってまったくそんなこと意識してなかったんですから。
アメカジなんて「プ、何その恥ずかしい名前(笑)」ぐらいに思ってたのに、自分の好みの服装がそういうジャンルに含まれてたというのは本当に驚きです。例えばココとかココにある商品見て「そうそうこーゆーのこーゆーの」とか思ってるもんなー。普通に。いやー、スマンカッタ。要するにその言葉の意味が分かってなかったってことですね。
でも「俺ってアメカジ」とかいう言い方をすると、これはもう客観的に恥ずかしいというか聞いてて腹が立つというか、なんかそんな感じがしますね。言ったあとに前歯キラーンって感じですよね。そんなこと言うヤツとは友達になれなさそうな気がします。気がするというか100パー無理だと思います。
だからこれからも僕は服装の趣味は公表しないで生きていきたいと思います。もうアメカジが好きだなんて言わないよ絶対。