声が聴きたい。

ネットを徘徊し、お気に入りのブログなんかがあったとして、そのブロガーさんがその日更新しなかったとする。いつもならほぼ一日に一回更新するのに今日はなし。昨日もなかった。例えばそんな時、なんとも言い難い気持ちになったりする。超有名どころなら別に何とも思わないんだけど、そうじゃない場合。寂しいというとちょっと大袈裟だけれども、それに近いものがある。
で、この寂しさ的感情は何だろうと考えると、一番近いのが「その人の声が聴けない寂しさ」なんじゃないかと思った。今あの人は何してるかなー、元気かなー、今日僕はこんなことがあったよ、そっちはどうだい?みたいな。って、それってまるで恋心じゃないかと気付いてちょっと笑えたんだけど、でもまぁ正直そんな気持ちになるってことは否めないなぁと思ったりする。
僕もいつか誰かに「声が聴きたいなぁ」と思われるようになれたら幸せだろうなと思うけど、こういうのは狙ってなるものでもないし、フフフ俺って結構求められてる?なんて自覚する人間みたいで、それも嫌らしすぎてキモイ。
まぁ特にまとめもない雑文を書いちゃったけど、好きなブログに対する思いは恋に似てると思いましたよというお話でした。