ふしぎな図書館

ふしぎな図書館 (講談社文庫)

ふしぎな図書館 (講談社文庫)

今日、本屋に寄ったら「ふしぎな図書館」の文庫版が出てた。この「ふしぎな図書館」は、短編集「カンガルー日和」におさめられてる「図書館奇譚」の改訂版。久々に元のも読んでみた。読み比べたら細かいところで結構違ってて面白かったです。
カンガルー日和」には村上春樹の本には珍しくあとがきがあって、この図書館奇譚についてのちょっとした記述がある。

個人的な話になるけれど、この「図書館奇譚」は連続ものの活劇を読みたいという僕の家内の要望にこたえて書かれたものである。

こういうエピソードはファンとしては何というか面白い。プライベートが見えにくい小説家だけに。
この「ふしぎな図書館(図書館奇譚)」は、ファンタジーとしても素敵だと思います。あの羊男も登場ですし。いつかそのうち教科書にも載るんじゃないかなーとか思ったりする。