4ヶ月

ぷりんがいなくなってから今日で丸4ヶ月。9月29日の朝に、ぷりんの体が冷たくなってて「死んだんだ」と、嫌々ながらに事実を受け入れたあの日から、まだ4ヶ月しかたってないのかーという感じ。もうずっと昔のような気がするよ。
死んだ子供の年を数えるのは後ろ向きであまり良いことではないのかもしれない。でも、僕らがぷりんを思い出すとき、それは「今ここにぷりんがいたら、こんなことしてたやろなぁーw」とか、「いっつもこたつの中に入ってたよなー」とか、そういった楽しい思い出話だ。だから別に後ろ向きってわけじゃなく、今この場にいないぷりんを身近に感じるための確認作業のような気もしてる。ぷりんは多分そのへんにいてると思う。んで、勝手に膝の上に乗ったりしてると思う(笑)。そういえば一度こたつに入ったら、こたつの中にいたぷりんに足を甘噛みされたことある。あん時は俺の足を敵やと思ったんかなぁ(笑)。
まぁいいや。これからも時々ぷりんのことを思い出していこう。思い出すたんびに泣きそうになってるけどw