ジャイアンと麒麟。

マンガを[book]のカテゴリーにするのもどうかと思うけど、わざわざ作るのも何なのでこのままにしてみる。

GIANT KILLING(5) (モーニング KC)

GIANT KILLING(5) (モーニング KC)

今日やっと買って、さっそくイッキ読み。面白いなぁ、やっぱり。笑いあり涙あり、サッカーの試合とその周辺の細かい描写があり、とっても面白いです。
普通、サッカー漫画ってなると、作者は「キャプテン翼」みたいな感じで主人公の選手中心で話を進めていきがち。でもこの作品はそうじゃない。一応は「監督が主役」とはなっているけど、実は主役はクラブそのものだったりする。「クラブ」が主役だから当然その周辺で起きること全てが描かれる。監督の戦い、選手の葛藤、フロントの苦悩、サポーターの偏愛、そしてその全員のフットボールに対する愛と熱い思い。そういうのが渾然一体となって、読むものの心をグワングワンと揺さぶる。さっき感動でウルウルきてたかと思えば、その数ページ後にはプププッと笑っている。カタルシスを十分に味わえる漫画です。読んでて忙しい(笑)。