花火。

きのう8月9日は淀川の花火大会でした。


19:50開始の予定だったんだけど、なんかどこの魔王だよって感じのめっちゃ黒い雲がだんだんモクモクと空を覆いまして、雨アンド雷の夕立。ベギラマみたいなすっげー稲妻とか見ちゃった。
雨が本格的に降り出してきて、浴衣の女の子とかがかなりかわいそうだったんだけど、なんとかスタートの時間を早めてやりますとのアナウンス。僕はもう雨に濡れるのなんてゴール裏でいつも慣れっこなのでまったく意に介さず。涼しいからもっとやれってなもんです。帰りも自転車だし無問題。あー、涼しい。でもカバンも服もビチョ濡れ。
で、花火スタート。
やっぱいいねー、花火大会。ドーン、ヒュルルルルードーンって。身体ぜんたいを震わせる音。みんなの顔を照らす赤や青やオレンジの光。火薬の匂い。そういうの全部が気持ちを高揚させてくれる。みんなほんのり笑顔でうわーなんて言いながら口半開き。嫌なこと全部忘れて夏の空を占める大っきな花火に夢中でした。
雨がちょっと鬱陶しかったけど(笑)。




花火って写真撮るの難しいよね。