本って逃げるよね。

いっつも思うんですけども、あーこれ読みたいなーでも今は読む時間がないから買うのはまた今度にしよっととか思ってその場で買わない本があるじゃないですか。っていうかほとんどの本がそうみたいな。そうやって自分にストップかけないと家の中が本だらけになっちゃうし。うちは図書館じゃないっての。
でもこれは本当に心の底から実感として思うのだけれど、本って逃げるよね。そこで買っとかないと。上手く表現できないんだけど、あとで買おうと思った本のほとんどはいつかどっかに行ってる。本屋の在庫的にも自分の記憶的にも。たまに「これは買うべしリスト」みたいなのを作ることもあるんだけど、そのリスト自体がどっか行ったりするもんな。あれどこ行くんだろな。
ということでなるべく買うことにするんだけど、積ん読が貯まる結果となるだけだったりする始末。

追憶のハルマゲドン

追憶のハルマゲドン

魔王 (講談社文庫)

魔王 (講談社文庫)

今日買ってきて机の上に置いてます。なるべく早く読みたいです。魔王は特に。明後日から読む!(宣言)