ブログに文章を書くということについて。

ブログって、ずっとやってるとそれまではそれなりに書けてたのに突然なにも書けなくなる時が来る。なんかそんな気がする。
そもそもブログというのは、自分の知らない誰かがどこか知らない場所で読んでくれている、あるいは逆に「たぶんあの人は読んでいる」とか思いながら書いているものだったりする。ある意味手紙的な。今日はこんなことがありました、こんなことを考えました、みたいな。
で、僕なんかはこの「銀杏日記」を『どうでもいいことだけを書き綴る』なんていう勝手な気持ちで始めたのだけれど、そうは言っても読んでくれる人のことを考えたりすると、もうちょっとマシなことを書かないとなぁなんてことを考えて、そうなると全然筆が進まなかったりする。こんなこと書いてどーすんだ、とか思って途中まで書いたのを消したりもしました(笑)。
でもホントあんまり考えすぎるとろくなことがない感じ。あまり気負わずにやっていきたいなぁと思いました。まる。