春はあけぼの

はてなダイアリーの管理画面の「日記を書く」のとこには「下書き一覧」ってのがありますけども、下書きしてるのなんてあったっけ?とか思って見てみたらこんなのが残ってた。

 春は曙。やうやう白くなりゆく、山際(やまぎわ)すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

 夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。

 秋は夕暮。夕日のさして、山の端(は)いと近くなりたるに、烏(からす)の寝所(ねどころ)へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛びいそぐさへあはれなり。まいて雁などのつらねたるが、いとちひさく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音(ね)など、いとあはれなり。

 冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭もてわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶(ひおけ)の火も、白き灰がちになりて、わろし。

なんだこれ(笑)。なぜに枕草子第一段。なんでこんなのをコピペしてたんだろう。まったく思い出せません。
しかしこれ読み返してみると日本語って美しいなと再確認。音読すると特にそう思ったりする。で、声に出して読んでみて、これってそう言えば国語の時間に暗誦テストみたいなのがあったなと思い出した。今も完璧にとはいわないけど、少しぐらいならそらで言えたりする。当時は「なんでこんなの暗誦しなきゃいけないんだ」とか思ってたけど、自分の国の文化をしっかり自分のものとして身につけるというのは、それはそれで良いものなのかもと今になって思ったりしてます。