ペンとかインクとか。

先週ネット通販で買った万年筆が昨日届いた。通販って楽しいー。なんか贈り物が届くような感じがする。ワクワク感があるな。お金は自分で払うのに。


買ったのはセーラーの「プロフェッショナルギア」。ペン先は21金。かなりやわらかくて独特。ニブはM(中字)にしてみた。カッコイイ。
正直言うと、少し前まで国産の万年筆ってなんかダサイなーとか思ってたんです。なんというか、ハーレー・ダビッドソンに対する国産アメリカンバイクみたいな。憧れのものが買えないからその替わりに国産のもので我慢してますみたいな感じで。でも実際手に取ってみると全然そんなことはなくて目からウロコ。使い心地が抜群に素晴らしい。日本の技術の高さやすぐにアフターサービスを受けられるという安心感もあるし。むしろ舶来モノは関税とか送料とかブランド料とか、そういったもので実際の質よりも高めの値段が設定されてる部分もあるんだろなーとか思った。とはいえ舶来モノもめちゃくちゃ欲しいんだけれど(笑)。


新しいインクも買ってきた。

パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-FS フユショウグン

パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-FS フユショウグン

PILOTの色彩雫「冬将軍」とWATERMANの「フロリダブルー」。

グレーを持ってなかったので欲しいなぁと思ったのと、単純に前々からこのインクは欲しいなぁと思ってたから。名前がいいです、「冬将軍」って。
で、最初この冬将軍をペンに吸わせてみた。いい色です。少し青に寄ったグレーで、天気のぐずついた日のような冬の寒さを想起させるような色。でもやっぱりペン先から出てくるインクはもうちょっとハッキリクッキリして欲しいと思った(笑)。なので昨日の今日だけどWATERMANの「フロリダブルー」を買ってきた。2日連続でインクを買ってくるってどうなの。しかも今月5本目。アホじゃかなろうか。そんなインクばっかり買ってどうする。
でもこのフロリダブルーがもう本当に良い。素晴らしい発色のブルーです。

一発で気に入った。青のインクはいくつか持ってますけどこれは今までで一番好きかも。なんでこれを買ってなかったんだろうってぐらい素晴らしいです。フローも潤沢でくっきりした青。当分これにハマりそうです。

しかし2万円出して万年筆なんかを買う日がやって来るとは。自分でも驚きです。もし自分が結婚してなくて彼女なんかもいなかったりしたらもっとこっち方面にお金かけてたのかなぁとか思う。まぁそれはそれで面白そうな感じだけど。こういう道楽は本当に楽しい。