『THIS IS IT』観てきた!


いやー、もう超かっこよかった。マイケル最高だった。いや、カッコイイってことはもう分かったてたし歌が上手いのもダンスが最高なのも彼がキュートなのも知ってたんだけど、それでも「最高、カッコイイ」しか出てこない。そんくらい格好良かった。
映画の内容的には、ロンドンでやるはずだったステージのリハーサル映像をスタッフなどの話を交えながらって感じのもの。最初この映画をやるって聞いたとき、「そんなリハの映像なんて映画館でやってどうすんのよ」とか思ってたけど俺間違ってた。ハンパないレベルだった。ごめんよマイケル。
曲のイントロが始まる度に心の中で「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!」みたいな感じでテンション上がって、もう実際に声も出そうだったんだけど真っ暗な映画館だからなんとか自重した(笑)。
で、映画の冒頭で、「マイケルと一緒にステージに立つこと」を夢見て世界中からダンサーが集まってきて、その中からオーディションで選ばれたその彼/彼女らがすごく興奮しながら「夢みたいだ」って話すのよ。もうそれ見てたら感情移入しちゃってこっちまで「夢みたいだ」みたいな気持ちで入れた。
しかし「これで本当に終わり。最後のカーテンコール」とマイケルが言ったこのロンドンのステージが実現してたらどれほどのものになってたんだろう。それが本当に惜しまれるし、「マイケルはもうこの世にいないんだ」と改めて考えてしまってしんみりしてしまいます。まだ見てない人はぜひ。オススメ。