Pelikan M800

念願のPelikan M800をついに買ってしまった。緑縞。


このペンは買おうかどうしようか長いこと迷ってて、「いつか買う!」ってことだけは心に決めてたんだけどももうひとつ思い切れなかった。なぜかはわかんないけれど。なので今回は本当に「買ってしまった」という感じだ。まぁ今年はもう既にPelikanを1本買ってるからというのもあるかもしれない。

このペンは自分にとっては1つのゴールでもあるし(でも買った今もぜんぜん物欲はなくなってない!不思議!)、万年筆好きならいつかはM800を、と思えるほどのものだと思う。そういう特別な1本。この緑縞は最初に見たとき「なんというかっこ悪いペン…」と思ったけども、今ではもうかっこよすぎてタマラン。麻痺ですな(笑)

迷ってた僕の背中を押したのは「Pelikanは平研ぎのBニブの生産をもう終了した」という噂だ。実際店の人に聞いてみたら確かに生産は終わってしまったらしい。平研ぎというのはやはり一般的にはウケが悪いようだ。まぁ確かに書くのにちょっとしたコツみたいなものがいるからかもしれない。でも僕は丸研ぎよりも平研ぎが好き。縦太横細の描線。メリハリが付いて書いてても楽しいです。高い金出してサインペンを買ったんじゃないっての。
で、いつも行くお店に行ってみたらM800のB(太字)はもう丸研ぎしか置いてなかった。これはショックだった。遅かったか…とションボリ。生産は終わってても店頭在庫はまだあると思ってたのでちょっとへこんだ。
そしたら店主が「BB(極太)ならありますよ」というので試し書きさせてもらうと、これがなかなか良い感じ。おお、いいじゃないのいいじゃないのー、と。BBってもっと太いと思ってたよ。で、カバンから自分のいつも使うノートとか取り出していろいろと落書きしてみると、やっぱM800ぐらいの大きさのペンならこれぐらいの字幅がいいんじゃないかなんて思い始めて、結局それをお買い上げ。かなり気に入ってます。


M405青縞と記念写真。すごく……大きいです…。


安い買い物ではなかったけれども、考えてみれば万年筆なんて趣味の中では結構安上がりな方だよなーなんて思ったり。腕時計とか車とかだと桁が違うもんな。5万で一生楽しめると考えれば安いよな。な。


まだインクは入れてないんだけど何飲まそうか考え中。個人的にお気に入りのインクはモンブランのブルーブラック(旧)なんだけど、それは今M405に入れてるし。ここは純正ペリカンのブルーブラックでいっとくか。でもモンブランのブラックも良いかも。新しいペンを買った時ってそんなことをいろいろ思いめぐらすのが楽しいのです。



ニブでけぇー。


いい買い物した。
さぁ、次は何買おう(笑)